アークティック・モンキーズ、スペシャル座談会!畠山承平 ×  妹沢奈美 × 山本幹宗

畠山承平 (The Mirraz)

ザ・ミイラズのVo, Gであり、全楽曲の作詞・作曲・アレンジを手掛け、MV等も自作する。オフィシャルサイトのバイオグラフィーにもアークティック・モンキーズが好きな事を記載するなど、根っからのアークティック好き。2006年9月にザ・ミイラズを結成。2008年12月にデビュー・アルバムをリリースし、洋邦ロックファンから注目を集める。2012年7月にEMI Music Japanへのメジャー移籍を発表。2013年10月31日には新メンバーが正式に加入し、現在ザ・ミイラズは4人編成で活動中。

山本幹宗 (The Cigavettes)

2005年4月、福岡にてザ・シガべッツを結成。G,Choを担当する。2007年にミニ・アルバムをリリースし、2009年9月にはBRITISH ANTHEMSへ出演するなど、その名を広める。2011年4月にデビュー・アルバムを発表、2012年4月にはセカンド・アルバムをリリース。しかしその後2013年9月、12月1日のライブをもってザ・シガべッツを解散する事を発表。現在、山本幹宗はくるりの「Remember me」リリースツアーにサポートギタリストとして参加中。

アークティック・モンキーズをこよなく愛する3人が作品や音、曲に焦点を当てて語りあう企画、後半です。アルバムを重ねるごとに変化を重ねる4人の個性の分析から、まさかの「アレックスが俺の後に同じ服を買ったエピソード」など、盛りだくさんなトピックで話は止まらない!




アイデアがあって具現化できるだけじゃなく、最終的に『カッコいいね』って耳だけで感じられるものを作れるのが、このバンドはすごい。

妹沢「ちなみに2ndを聞かれた頃は、お二人の重い音を聴けない病気はもう克服されてたんですか?」

山本「むしろ俺は、アークティック・モンキーズがそれを克服させてくれたね。この頃には、アークティック・モンキーズを嫌だと思わなくなっていたからね。いい曲だなって」

畠山「俺、1stの1曲目で何か違うって最初は買わなかったけど、CD屋でバイトしてたからサンプルがあって、ずっと聴いてると、これはカッコいいなと。その時点でヒップホップをこの人たちは好きだという情報があったから、低音もあまり気にならなくなって。で、2ndの"ブライアンストーム"のシングルって、ラップが入ってるじゃないですか。ディジー・ラスカルがフィーチャリングされてるやつ ("Temptation Greets You Like Your Naughty Friend" [featuring Dizzee Rascal])」

妹沢「はい、ありましたね」

畠山「2ndはヒップホップの影響もあるし、ニューレイヴの影響もあるし、それにその時点で俺はもうファンになってるから、何が来ても、もう大丈夫みたいな。だから3枚目の時は、何の違和感もなかったですね。アレックスかっこいいなあ、みたいな(笑)」

妹沢「(笑)あ、私もー」

山本「俺もルックス、カッコいいと思ったよ。俺の中でアークティック・モンキーズって子供っぽい人たちだったから。自分より年下だしね。でもいつの間にこんなロン毛の、ロックスター然とした超カッコいい人に、って」

妹沢「じゃあ3rdを聴いた時は、こう来たか、っていう驚きはなかった?」

畠山「俺はわりと、正当な進化だなと思って聴いてた。俺、『ハムバグ』の時期がヴィジュアルも音楽も一番好きかもしんない。俺はちょっと暗い音楽が好きだから、3枚目が好きだな」

妹沢「私、1stでは"マルディ・バム"や"ホエン・ザ・サン・ゴーズ・ダウン"、2ndでは"505"とか"オンリー・ワン・フー・ノウズ"が好きで、つまりアレックス・ターナーのロマンティック・サイドというか、ソウル・ミュージックを好きなとこが、たまらないんですね。で、3rdは"コーナーストーン"をはじめ、実はメロディーの柔らかい優しい部分がふわっと表に来てるのがいいんですよ」

山本「じゃあ、それこそ、これじゃない(と、4thを差し出す)」

妹沢「そうそう、そこに行きつくんですよ。『サック・イット・アンド・シー』はだから、個人的に本当に好きで聴いたな。……これは畠山さんに聞きたいんですが、アークティック・モンキーズが大好きで、なりたいとまで思った身にとっては、彼らの音楽的な幅広さのどういう部分を、特に魅力的に感じます?」

畠山「1stでいわゆるロックをやるバンドだと思ったから、2枚目をニューレイヴの影響を受けて作ろうと思ったと聞いて、でもなんか(ニューレイヴとは)似てるけど違うじゃないですか。だから、その時にはまだピンとこなかったんです。で、3枚目が出てきた時に、彼らはこうやって音楽を変えていけるバンドなんだなと。俺、くるりやプライマル・スクリーム、ストロークスもそうなんだけど、けっこうそんなバンドが好きだから、あ、このバンドはそういうバンドなんだ、って。で、音楽をやっていると、幅の広さにはセンスも関係あるけど、勇気のほうが俺は評価できると思ってるんです」

妹沢「ほんとそうですね」

畠山「1stの後は、やっぱりみんな1stみたいなのを求める。特に日本では1stや2ndが好かれてるから、どんどん期待がそっちに向かう。けど、『ハムバグ』みたいなのをやりたかった、『サック・イット・アンド・シー』みたいなのをやりたかった、っていう勇気が一番すごいな、と俺は思うんです」

妹沢「うん、わかる」

畠山「で、それはセンスがないとできない。アイデアがあって具現化できるだけじゃなく、最終的に『カッコいいね』って耳だけで感じられるものを作れるのが、このバンドはすごい。アイデアがあるだけでは、なんとなく作れても、そこまでは行けないんですよね。完全に成功したものになるまでには、やっぱり時間とお金もかかるし、センスがないとできない。しかも彼らは形にするまでのスピードも速い。本当にすごいなといつも思うんですよね」

妹沢「それを、迷いなくやっちゃうんですよね、彼らは」

山本「『幹宗、頷いてる』って書いといて下さい」




畠山妹沢「(笑)」

山本「頷いてます! ……ちょっと僕、トイレ行ってくるね。続けてて。ふくらましといてね」