アークティック・モンキーズ、スペシャル座談会!畠山承平 ×  妹沢奈美 × 山本幹宗

畠山承平 (The Mirraz)

ザ・ミイラズのVo, Gであり、全楽曲の作詞・作曲・アレンジを手掛け、MV等も自作する。オフィシャルサイトのバイオグラフィーにもアークティック・モンキーズが好きな事を記載するなど、根っからのアークティック好き。2006年9月にザ・ミイラズを結成。2008年12月にデビュー・アルバムをリリースし、洋邦ロックファンから注目を集める。2012年7月にEMI Music Japanへのメジャー移籍を発表。2013年10月31日には新メンバーが正式に加入し、現在ザ・ミイラズは4人編成で活動中。

山本幹宗 (The Cigavettes)

2005年4月、福岡にてザ・シガべッツを結成。G,Choを担当する。2007年にミニ・アルバムをリリースし、2009年9月にはBRITISH ANTHEMSへ出演するなど、その名を広める。2011年4月にデビュー・アルバムを発表、2012年4月にはセカンド・アルバムをリリース。しかしその後2013年9月、12月1日のライブをもってザ・シガべッツを解散する事を発表。現在、山本幹宗はくるりの「Remember me」リリースツアーにサポートギタリストとして参加中。

1stからヘヴィな要素を抜くと、昔のソングライティングみたいに聴こえる

畠山「でも、俺は何も分かってないから、映像が古くて昔のバンドだと思ったんですよ。だから記憶の中では、あの映像が白黒になっていて(笑)」

山本「(笑)そ、それ面白い。あるわ。そういうのある」

畠山「(笑)それがカッコいい、と思ったんだよね。昔のバンドなのに、ちょっとテンポが速いぞって」

山本「速すぎだろ!(笑)」

畠山「そう、おかしいんだよ。ギターのポジションが高かったこともあるかと思うんだけど(笑)。で、カッコいいぞ、このなんとかモンキーズ、って……そう、今のバンドは『なんとかモンキーズ』なんて名前はつけない!」

山本「安室奈美恵ぐらいだな」

妹沢「(笑)なるほど、確かに言われてみると、今のバンドがやらないことを、あのバンドは最初からよくやってますね。たとえば(1stの)"ホエン・ザ・サン・ゴーズ・ダウン"の最後の、チャラララ……」



畠山山本「チャッチャッチャー」

妹沢「(笑)そう。あのギターで『これで、お話はおしまい』って聴く側に伝える。それまでの10何年間、ロック・バンドがああいう風に曲を終える様子は聴いたことがなかったな、って最初に聴いた時に思ったんです」

畠山「ああ、そうですね」

妹沢「あとね、2ndの先行シングルの"ブライアンストーム"、一番売れてて人気のある、新作を待たれている男の子たちが、あれほどの重いドラムでまず攻撃的な変化を感じさせる曲を出す、っていうのもすごく驚いた」



山本「俺、1stや2ndが出た時って、重たい音楽が聴けない病気にかかってたんですよ」

妹沢「(笑)どんな病気ですか」

山本「もう、ビートルズとかストーンズとかしか聴けない病気。ハード・ロックすら全部だめ。で、1stが出てみんなが『すごい!』って言ってたときに、俺は、何がすごいのかわからなかった」

畠山「あ、俺ね、最初に聴いた時、テレビでのPVだから低音が聴こえなかったの。だから、スカスカな音だと思って聴いてたんだよね」

山本「ああ! だからか、なるほどね」

畠山「だから、カッコいいと思って買いに行ったけど、タワーレコードで試聴したら、一曲目が重すぎて。俺、買わなかったもん。『違う、これは思ってたバンドじゃない』って」

山本「そうなのよ。だから、1stからヘヴィな要素を抜くと、昔のソングライティングみたいに聴こえる」




畠山「そう、俺、1曲目を試聴したとき、これグリーン・デイかよって思ったもんな」

妹沢「なるほどー。それ、さっきのリンキン・パークな世代感にも繋がるかも」

畠山「そうそう、そうなんですよ」

山本「俺もほんとに、最初はヘヴィなリフがダサく感じて聴けなかった。でもよく遊びに行ってたクラブでかかってたのが、"ダンシング・シューズ"の、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのヴァージョン。あれがもう、俺のすごい大好物な感じでした。で、『これは誰?』って聴いたら、アークティック・モンキーズの曲だよって。それで初めて、曲の良さがわかった。そのうち重たい音が聴けない病気もだんだん治って、このバンドはカッコいいなと感じるようになりました」


……アークティック・モンキーズの音に魅せられた3人の話は、どんどんヒートアップ。後半もお楽しみに!