アークティック・モンキーズ、スペシャル座談会!畠山承平 ×  妹沢奈美 × 山本幹宗

畠山承平 (The Mirraz)

ザ・ミイラズのVo, Gであり、全楽曲の作詞・作曲・アレンジを手掛け、MV等も自作する。オフィシャルサイトのバイオグラフィーにもアークティック・モンキーズが好きな事を記載するなど、根っからのアークティック好き。2006年9月にザ・ミイラズを結成。2008年12月にデビュー・アルバムをリリースし、洋邦ロックファンから注目を集める。2012年7月にEMI Music Japanへのメジャー移籍を発表。2013年10月31日には新メンバーが正式に加入し、現在ザ・ミイラズは4人編成で活動中。

山本幹宗 (The Cigavettes)

2005年4月、福岡にてザ・シガべッツを結成。G,Choを担当する。2007年にミニ・アルバムをリリースし、2009年9月にはBRITISH ANTHEMSへ出演するなど、その名を広める。2011年4月にデビュー・アルバムを発表、2012年4月にはセカンド・アルバムをリリース。しかしその後2013年9月、12月1日のライブをもってザ・シガべッツを解散する事を発表。現在、山本幹宗はくるりの「Remember me」リリースツアーにサポートギタリストとして参加中。

俺、アークティック・モンキーズを聴く前は別に、ロックが好きじゃなかったんです

妹沢「で、2ndを作るときにマットが、強いグルーヴを叩きたいから俺は体をデカくする、て言いだしたじゃないですか」

畠山「(笑)そうそう、筋トレを始めたんですよね」

妹沢「そう。彼のその価値観って実は、イギリスのインディーズ・バンドに全く存在しないものなんですよ。で、3rdでついにジョシュ・ホーミを引っ張り込んで、音楽的にもガラリと変わり、ストーナー感が出てきた。ジョシュ・ホーミもずっと若いころはメタルバンドをしてますからね」




山本「クイーンズ・オブ・ザ・ストーンエイジのジョシュ・ホーミ」

妹沢「そう。それで4枚目で、アメリカン・インディーズ、たとえばガールズなどのサイケデリック感の現在形を取り込んでいく。そして5枚目。そもそもジョシュ・ホーミが前にやっていたカイアスのさらに源流といったら、やっぱりブラック・サバスにたどり着く」

畠山「新作は、ブラック・サバスが入ってますもんね」

妹沢「だから最終的にブラック・サバスにまでたどり着くハードロックやメタル志向が、実は最初からあったのではと思ったんですよね」

畠山「アークティック・モンキーズがやろうとしている、何かと何かを混ぜてやるという発想は面白いですよね。『AM』はブラック・サバスと同時に、R&Bのコーラス感も強くて。俺、これはビヨンセみたいだなって思った曲があるんですよ」

妹沢「実際、今回はアウトキャストやアリーヤのポップ感なども使いたいと思ったみたいですね」

山本「そりゃカッコ良くなるね」

畠山「そうそう。そういう発想って、ロック・バンドにはなかなか出来ないものだと思うんです。要するに、ロック・バンドはどうしても、いわゆるメジャー・シーンの何かを真似しようと考えたらダメ、っていうのがあるじゃないですか。だから、あえて昔のロックだけを踏襲したりするんです。そんな中で、昔のロックと今流行っている音を両方使っちゃえばいいじゃん、っていう発想そのものが、すごいなって」

妹沢「確かに、他にないですよね」

山本「それに関してはね、俺……昔、畠山君が自分のサイトに書いた声明文があったじゃない? あれ、良かったよ、もう一回あげたらいいと思う」




畠山「何を書いたっけ?」

山本「もう5、6年前くらいだと思うけど、ミイラズがアークティック・モンキーズの丸パクリって言われることにイラついて書いた文章。俺、それは目からウロコで」

畠山「(笑)」

山本「最初はね、だっさいなと思ったの。でも、アークティック・モンキーズを好きでパクるのは、俺がビートルズを好きでパクるのと一緒だ、と感じた。今、すごい内容をはしょって話したけど、もっとそれを詳しく書いてたんだよね」

畠山「確かに、俺、アークティック・モンキーズを聴く前は別に、ロックが好きじゃなかったんです」

山本「そう、だからそれが最初の衝撃だから、似たようなものを作って当たり前だろと。俺はそれを読んで『ああっ、おっしゃる通り!』って」

妹沢「うんうん。畠山さんの最初の衝撃は、アークティック・モンキーズのどういうところに感じたんですか?」

畠山「俺は元々、くるりが好きで。好きになったのは"ばらの花"だったけど、これはポスト・ロックとJポップをすごく上手く融合させてるなと。そこから彼らの過去の曲を聴いて、俺が日本で音楽をやっていくために必要なのは、こうやって洋楽とちゃんと向き合ってやることだ、それは大事なことだと思ったんです。で、くるりが『NIKKI』を出したときに、60年代のロックとか、ロックンロール・リヴァイバルへの日本からの返答をやろうとしていたというテーマがあって、俺も60年代のものをいろいろ聞き始めたんですよ。で、その頃、たまたまテレビでMTVか何かを見てたら、アークティック・モンキーズの"アイ・ベット・ユー・ルック・グッド・オン・ザ・ダンスフロア"のPVが流れて」


妹沢「あの映像はシビれますよねえ」