アークティック・モンキーズ、歌詞の軌跡 ~ いしわたり淳治×妹沢奈美

いしわたり淳治

1997年にロックバンドSUPERCARのメンバーとしてデビュー。アルバム7枚、シングル15枚を発表し、全曲の作詞とギターを担当。2005年のバンド解散後は、作詞家、音楽プロデューサーとして活動するかたわら、雑誌等への執筆もおこなっている。ソニー・ミュージックエンタテインメント CPファクトリー所属。

妹沢奈美

音楽ライター。現代美術史を学ぶため英国留学中にロックやダンス・ミュージックに出会い、早稲田大学第一文学部卒業後は音楽雑誌の編集部に入る。その後フリーとなり、オアシスからアークティック・モンキーズ、レディオヘッドなど様々なアーティストの取材やライナーノーツを手掛ける。

「~ダンスフロア」の歌詞って、ナンセンスの極みですよね(笑)

妹沢「この曲くらいなんですよね、作詞について触れているものって。で、そこにたどりついた後に、いしわたりさんのおっしゃるように、5枚目の新作では、もっとラブソングをきちんと歌っている。作詞のポイントについて一つ伺いたいんですが、音と言葉の並びについては、書く時点でどの程度意識しますか? つまり、音に乗って言葉が発されるときの、リズムと言葉の関係について」

いしわたり「気にする人には気にしてあげるっていう感じですね、僕の場合は。韻を踏むことが大事なメロディーや音楽性っていうものもあるんですけど、韻を踏まないで、大きい声で文章を言いきるほうがカッコいい音楽というのもあるので」

妹沢「ああ、なるほど」

いしわたり「言葉遊びに終始すると、やっぱり表現はちぐはぐになって、表現する世界がどんどん小さくなったりもするんです。小さくなっているんだけど言葉の瞬発力だけで勝負したい、というのであれば、韻を踏んだり、あり得ない言葉の組み合わせをしたほうが、カッコ良さは増すんですよね」

妹沢「ふむふむ」

いしわたり「だけど、基本的には何を言ってるのか分かった方がいいし、もっと言えば、一回聴いた時には一フレーズくらいは丸ごと覚えてもらえるくらい、刺さる部分は用意したいんですよね」

妹沢「そういう意味では、一フレーズ刺さるものを書くのはアレックス・ターナーは本当に上手いですね」

いしわたり「そうですね」

妹沢「デビュー作の『ばんばばばんごー(注:"アイ・ベット・ユー・ルック・グッド・オン・ザ・ダンスフロア” (1stアルバム2曲目)の一フレーズ)とか、英語がわからなくても耳にはっきりと残ったり」』



いしわたり「この"~ダンスフロア"の歌詞って、ナンセンスの極みですよね(笑)。サビって、しまい方があるわけじゃないですか。作詞する人間なら、サビの最後はちょっとくらい格好いいこと言って終わりたいと思うものですよ。なのに『ナインティーン・エイティー・フォー』って言葉で、どうやってしまうの、という(笑)。何でもいいんだろうな、って。『ユア・ダイナマイト』って、あまり言わないですよ、今日び」

妹沢「言わない、言わない(笑)。アレックス・ターナーって、よくイギリスの少年のリアルが歌詞に反映されていると言われがちですが、これまでのアルバムの中で彼の生きざまが唯一反映されているのは、実は1stだけではないか、と私は思っているんです。2ndからはもっと、物語性を確実に意識してる。1stで言うと、"ホエン・ザ・サン・ゴーズ・ダウン"(1stアルバム11曲目)の歌詞が本当に私は好きで」




いしわたり「これは歌詞として本当に秀逸ですよね。要は、娼婦の話で」

妹沢「そう。娼婦の女の子がいて、その子におそらく恋心を抱いているんだけど、その子は年上の男の人に買われてしまい、それを『僕』は見ているだけという。10代の、あの年頃の男の子にしか書けない視点で、それをこんなにも美しく。ああ、切ない……」

いしわたり「当時、こうですもんね(と、1stの頃の写真を見ながら)。これが今、リーゼントをしてレイバンかけてるんですからね」

妹沢「スーパーカーでとても若くしてデビューして、今ではレイバンこそかけていないにせよ、いしわたりさんは年齢を重ねても詞を書いているわけじゃないですか。年齢を重ねると、やはり詞の内容もやはり変わるものなんでしょうか」




いしわたり「僕の場合、途中で解散が入りましたからね。今やっていて初めて気付いたのは、自分の作品が自分に積もっていくと、同じことをやれないんですよ。だから、違うことを書かなきゃって思う。ただ、人に提供する場合は、自分の得意な書き方を何度使ってもそこを特別指摘されるということもないですし、結果としてその人の欲しい歌詞が、その人の欲しい温度感で手に入るのが大切なんですよね」

妹沢「じゃあ、もしスーパーカーが今でも続いていたら、やはり30代の目線で書いていた?」