アークティック・モンキーズ、歌詞の軌跡 ~ いしわたり淳治×妹沢奈美

いしわたり淳治

1997年にロックバンドSUPERCARのメンバーとしてデビュー。アルバム7枚、シングル15枚を発表し、全曲の作詞とギターを担当。2005年のバンド解散後は、作詞家、音楽プロデューサーとして活動するかたわら、雑誌等への執筆もおこなっている。ソニー・ミュージックエンタテインメント CPファクトリー所属。

妹沢奈美

音楽ライター。現代美術史を学ぶため英国留学中にロックやダンス・ミュージックに出会い、早稲田大学第一文学部卒業後は音楽雑誌の編集部に入る。その後フリーとなり、オアシスからアークティック・モンキーズ、レディオヘッドなど様々なアーティストの取材やライナーノーツを手掛ける。

 スーパーカー時代から取材を通して交流のあった、プロデューサーのいしわたり淳治さんと音楽ライターの妹沢奈美さん。ひさしぶりの再会にもかかわらず、そこはやはりアークティック・モンキーズ好きのお二人。挨拶をすませると、さっそく、アレックス・ターナーの歌詞がいかに摩訶不思議かという話になだれこみました。「難しいですよね」「ヘンですよね」「歌詞カードの改行すらヘンですよね」「いやほんと変わった歌詞です」という話をひとしきりした後に、話はジョン・レノンの歌詞へ……。


5枚目の新作では、もっとラブソングをきちんと歌っている。

妹沢「そういえば、今年の頭に、アレックス・ターナーがジョン・レノンについて語っている海外のインタビューがあって。アレックスは音楽を書き始めたときに、"アイ・アム・ザ・ウォルラス"みたいな曲を書きたかったんですって」

いしわたり「ふむふむ」

妹沢「つまり、意味のないナンセンスに聞こえるけど、それと同時にパワフルな曲」

いしわたり「それと、比喩というか、揶揄する感じの視点が入っているってことですよね」

妹沢「そうそう、まさしく。でも、いざやってみると本当に難しかった、ジョン・レノンはすごいねっていう話をしていました」

いしわたり「なるほど。ジョン・レノンの凄さを"アイ・アム・ザ・ウォルラス"で語るって、それは、かなり、ヒネクレていますねえ(笑)」

妹沢「ねえ(笑)。書きたかったのが"アイ・アム・ザ・ウォルラス"だっていうのは、やっぱり面白いですよねえ」

いしわたり「そりゃ、こうなるわっていう。ベックの歌詞を最初に読んだときも、この人もナンセンスというか、言葉の流れのみで書いているのだなと思いました。つまり、ミスマッチの美学ってあるじゃないですか。この感覚に対してこの言葉を乗せるよ、でも意味が全然分かんないでしょ、っていう」

妹沢「うんうん。それって、すごーく頭がよくないと書けないですよね」

いしわたり「そうなんです。たとえば舞台とかでも、クレイジーな役ってありますよね。意味がわからないんだけど、でも、脚本家はそのセリフも書かなきゃいけない。意味がわかる範囲で意味のわからないことを書くって、すごく大変ですよね。ああ言うのに近いってことですよね、要するに」




妹沢「ですよね。意味がわかんないけど、そこにちゃんとストーリーがある、みたいな。いしわたりさん、特に好きなアークティック・モンキーズの歌詞とかあります?」

いしわたり「僕ね、新作が一番、歌詞がいいと思います。何を書いているかが、明確なんですよ」

妹沢「なるほど!」

いしわたり「ラヴ・ソングがちゃんと、ラヴ・ソングとして機能しています。他のアルバムの曲は、彼女を好きなのか好きじゃないのか、別れたのかまだつきあってるのか、全部がぐちゃぐちゃになってるんです。けど、新作の歌詞は明確なんですよね」

妹沢「確かに」

いしわたり「恋愛は、いろんなシチュエーションやシーンがあるじゃないですか。それを、書けるようになった。今までは、きっとテレ臭くて、書かなかったと思うんです。でも、新作はどの曲にもヴィヴィッドな表現が入ってるんですよね」

妹沢「アレックス・ターナーって、真正面から向き合う歌詞を書くタイプじゃないですよね。4枚目のアルバム『サック・イット・アンド・シー』が、かろうじて愛のことをたくさん歌っていた。だけどそれも、ストーカー的というか、いびつなとこがあって。それこそ表題曲には珍しく本音を吐露しているように見える部分があるんですけど、『苦しい想いをポップ・ソングに込めているんだけれど、まだ作詞のコツがつかめない』。自分を隠している子が、ここでポロッと出した本音のようなものが、泣き言だったわけです」



いしわたり「(笑)なるほど」