アークティック・モンキーズ、スペシャル座談会!畠山承平 ×  妹沢奈美 × 山本幹宗 アークティック・モンキーズをこよなく愛する面々が語りあう企画、第二弾。ミュージシャンから見た、彼らの魅力へ迫る!

畠山承平 (The Mirraz)

ザ・ミイラズのVo, Gであり、全楽曲の作詞・作曲・アレンジを手掛け、MV等も自作する。オフィシャルサイトのバイオグラフィーにもアークティック・モンキーズが好きな事を記載するなど、根っからのアークティック好き。2006年9月にザ・ミイラズを結成。2008年12月にデビュー・アルバムをリリースし、洋邦ロックファンから注目を集める。2012年7月にEMI Music Japanへのメジャー移籍を発表。2013年10月31日には新メンバーが正式に加入し、現在ザ・ミイラズは4人編成で活動中。

山本幹宗 (The Cigavettes)

2005年4月、福岡にてザ・シガべッツを結成。G,Choを担当する。2007年にミニ・アルバムをリリースし、2009年9月にはBRITISH ANTHEMSへ出演するなど、その名を広める。2011年4月にデビュー・アルバムを発表、2012年4月にはセカンド・アルバムをリリース。しかしその後2013年9月、12月1日のライブをもってザ・シガべッツを解散する事を発表。現在、山本幹宗はくるりの「Remember me」リリースツアーにサポートギタリストとして参加中。

 アークティック・モンキーズをこよなく愛する面々が語りあう企画、第二弾。前回は歌詞にスポットライトを当てましたが、この第二弾では彼らの音や曲、プレイスタイルを中心に話をしてもらいました。
 アークティック・モンキーズの大ファンで知られるミイラズの畠山承平さんは、なんと彼らのLAライヴを見てきたばかり!友人であり古いロックにも精通するシガベッツの山本幹宗さんとともに、アークティック・モンキーズの年齢にも近い二人が、とある土曜日の昼下がりにライター妹沢奈美さんと集合しました。


このバンドは実は、最初からメタルの影響を受けてるんじゃないのか

妹沢「まず、畠山さんにアークティックの最新ライヴの話を聞きたいです」

畠山「10月の頭にロスに行ってきたんですよ。俺、アクモンのライヴにこれまで行ってなくて。実物を見たら怖いなと……ファンすぎるから。あと、いつかフェスで一緒に出る日が来るんじゃないかとも思ってたんです、でも、たまたまアメリカに行けることになって、じゃあ、ライヴに行っちゃおうかなと。チケットも、奇跡的にとれて」

山本「でっかいところなの?」

畠山「3000人くらいのところ。だから、けっこうステージが近いの。初日は二階から見て、二日目は下で見たんですよ。追加公演で三日目が出たんだけど、これは、もう手に入らなかった」




妹沢「へええ。今のライヴの内容はどうでした?」

畠山「思っていたより、音がエキサイトしてましたね。俺、けっこうタイトなイメージを持ってたの。でも臨場感はすごくありつつ、音はそこまででかくない。爆音じゃないし、普通に隣の人の話し声も聴こえる。今、ちょうどアレックスたちはロスに住んでいて」

山本「ああ、そうらしいね」

畠山「だから、会場と住んでいるところが車で2時間くらいで、近いらしいんです。それもあったのか、本人たちもリラックスしてる感じがあった。なんか、日本でライヴを見たりするのと、全然空気が違うんですよね。当たり前に音楽を聴いて楽しんで、土台が全然違うなと。シリアスさも一切ない」

妹沢「うんうん、カジュアルですよね。お話を聞いて意外なのは、新作の音はライヴで爆音でやるんじゃないかな、と私は想像してたんです。そうではなかった」

畠山「はい。ただ、思ってたよりも低音はすごく出てましたね。あとヴォーカルの出音が、すごく大きかった」

山本「なるほどね、参考になるね。人のライヴを見たら、出音は参考になる」

畠山「なるね。自分が思ってた音と違う、ってのにとにかくびっくりしました。会場も天井がすごく高くて」




山本「ライヴな感じだ」

畠山「そうそう。だからドラムの音もすごく響いて、それでもうるさくない。ハイもうざくない。それがすごく、面白かったな」

妹沢「そうだったんですねえ」

畠山「俺、アークティック・モンキーズの凄いと思うところは、作品ごとにモードや曲が変わるところなんですよ。で、それに合わせてライヴでの曲調も変わる。たとえば4thの『サック・イット・アンド・シー』の頃のライヴではもう、ギターの音とかも1stのような歪みは減っていってる。そういうのも、すごくカッコいいですね」

山本「まさに。その時の自分たちのスタイルっぽい音に、昔の曲がなっていく」

畠山「そう。だから、初期の頃のような歪みは、今は無い。それもすごくカッコいいし、今はよりヴィンテージのサウンド感を意識してやっていることがわかる」

妹沢「そうですね。あと、私が新作の音で『あっ!』と思ったのが、ここから1stまでさかのぼって考えると、このバンドは実は、最初からメタルの影響を受けてるんじゃないのか、と」

畠山「ああー、なるほど」

妹沢「彼らは年齢的には、音楽に目覚めた頃にリンキン・パークとかを聴いてるはず。あと、ダットサンズのおっかけをしてたくらいですからね。そう考えると、メタルのバックグラウンドがあってもおかしくない。で、そういう観点から1stを思い出すと、最後の曲のスカで始まって壮大なラストが待っている様子をはじめ、他の曲でもちゃんと物語の起承転結の美学、メタルの様式美のようなものが存在するなって」

畠山「へえええ」